白屋書房Blog

組版・縦書きサイト「白屋書房」(https://hakuoku.github.io/agakuTeX/)のブログです

pixiv&青空文庫向けユーザースクリプト書きました

突然ですが、こんなユーザースクリプトを書きました。

pixiv小説表示制御

青空文庫表示制御

最近はpixivの小説や青空文庫スマホで読むという人が多いでしょう。筆者もその一人です。ですがPCで読む局面が絶無になったわけではありません。
特に筆者は基本的に電子書籍が頭に入らないんですが、なぜかアプリではなくブラウザのそれも横書きなら読めるという謎の特性の持ち主です。青空文庫公式サイトにお世話になりっぱなしです。 その時に気になるのがフォントです。WIndowsにおけるpixivの規定はメイリオですが、筆者はこのフォント、どうもシリアスな小説を読むには向かないんじゃないかと思っています。どうしても笑いたくなる……ギャグやほのぼのならいいんですけどね。
また青空文庫公式サイトではフォント指定がなされていないのでブラウザの規定に習います。筆者は昔ながらのMS Pゴシックにしていて、これはこれで慣れてるから余計な雑音がなくていいんですが、たまにはヒラギノとか游明朝とか綺麗な書体で読みたい時もあります。

というわけでフォントを変更したい。ユーザースタイルシート使えばすぐだけど、動的に変更できないので小説ごとに合わせて変えたいという要望には向きません。
なのでスクリプトでドロップダウンを表示させ、そこから反映させることにしました。おまけに背景色変更機能もつけた。(青空文庫には文字サイズと行間も)
色変更にはJavaScriptライブラリの「Huebee」を使いました。背景色を選ぶと自動的に文字色も変更してくれるという大変ありがたいライブラリです。導入も簡単でした。デザインもキュート!

とりあえずv0.1は完成しましたが、機能は本当に最低限です。目下の問題は前回の選択を覚えていられないこと……localstorage勉強してから機能追加します……

自分の技術力が低いのでこんな簡単なスクリプトでも完成させるまでにはけっこう苦労しました。もしまとまればユーザースクリプトを書く時の注意とか知見とかを記事にしてみたいです。

スマホブラウザでも拡張機能とかユーザースクリプトとか使えるようにならないかなあ……。